世田谷区太子堂4-26-9 コロニス三軒茶屋4階
TEL:080-4377-5050
営業時間:午前10時~午後9時

インストラクターブログ(沖中正樹)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

年々ジョギングシューズが進化しているにもかかわらずランナーの足のトラブルが増えている。
ちょっと考えてみたら当たり前の事なんだけど靴の「クッション性」や「固定力」や「反発力」や「推進力」が増した分当然足は弱くなる。

自分の場合、足の痛みと縁を切るためにをジョギングシューズの全ての機能を取り除いたファイブフィンガーシューズを履いているんだけど、このは履くだけで足の痛みが消える魔法の靴ではなく「治る可能性」が見えてくるというだけのシューズです。
だから走りながら自分で基礎から足を作り直す必要があるし、
ランニングフォームも見直さないといけない。

走る事の目的は人それぞれだけど、健康法として走るならファイブフィンガーシューズがまあまあオススメです。
タイムはかなり落ちるから自己新記録を狙っている人には向かないけど、これからも長く何十年も走りたいと思っているなら自己責任で試してみる価値はあると思う。

コルセットもずっと付けていると自力で腹圧を高める事が出来なくなるから要注意。

湯舟にも長く入り過ぎると体温保持の為の代謝や発熱機能が落ちて冷え性になってしまうから要注意。

 

沖中正樹

インストラクターブログ(沖中正樹)

一時期たくさん盆栽をもらう時期があった。
亡くなられたご主人の形見らしく「大切にして欲しい」と言われ譲り受けた。
重い命を預けられたんだけど、自分には絶対うまくやれる自信と確信があったからいただける盆栽は全て頂いた。
その方の紹介でお友達とそのお友達からも合わせて10個以上の盆栽を譲り受けた。

その後、10年以上経つけど
その木達はぜーんぶ機嫌よく生きている。
間違いなく譲り受けた時より今の方が生き生きしているし、見た人が感動出来るぐらいのレベルまで成長している。
数百万円で売られている盆栽よりも美しいと思う。
ちなみに自分はお手入れなんてして一切していない。
どうやって管理しているのかと言うと
ただ山に返してきてあげただけ。の事。
エゴからエコへの橋渡し作戦を決行しただけ。
当然盆栽をもらう時からそのつもりでいた。
だからもらうたびにヨシヨシと思っていた。
今では周りの木と同調してどれが盆栽だったのか見分けがつかない。
「多分コイツだろうな」という木を見てニヤッとして帰って来る。
世の中の全ての盆栽を山に返してあげたい。

沖中正樹

インストラクターブログ(沖中正樹)

近所の遊歩道に毎日猫の餌やりにくる女性がいる。
最初はお腹を空かしている猫にご飯をあげているだけかと思っていたんだけどどうやら違うらしい。
人間を怖がって近づかない猫と何か月もかけて距離を縮め、信頼関係ができたところでケージに入れて、動物病院に連れて行って必要な治療や去勢手術などをしてまた元のところに戻す。
という事をやっているらしいです。
去勢手術で辛い思いをしたはずの猫たちが、その後もまた集まって来ているから、その女性と猫の間に出来た信頼関係は相当強いんだろうなと感心する。

写真はトゥリアンガムカイエカパーダというポーズ。
自分の場合右側は思い通り出来るけど、左側は固くて痛くて出来ない。
こういう場合は、右と比べず、左の股関節の性格に合わせて、ゆっくりやるしかない。
左側はどんなに練習しても一晩経つと99パーセント戻ってしまう。

もちろんそんな事はわかっているんだけど、あの餌やりの女性の様に、毎日1パーセントづつ距離を縮めていくしか他に選択肢はない。
やらかくなるマッサージも無いしツボもない。

もしも自分の左右の股関節にそれぞれ個性があるとしたら
右は器用でお調子モノでおいしいところは持って行ってしまうタイプだと思う。
でもって左股関節は静かで慎重で哲学的。

スポーツで遊ぶなら右股関節で
哲学的な事を教えてもらうなら左股関節かな。
深刻な悩みは右股関節には相談したくない。
多分右股関節は人の苦労や挫折を知らない

何かのアサナを深める時、
エゴを抑え慎重に毎日やったら必ず可動域は広がると思います。

家で毎日やろうと思っている方はまず開脚の前屈から始めると良いと思います。

開脚前屈が出来るようになると
「これが出来たって事は他のポーズも同じ様にじっくりやれば出来るかも」と調子づいて来ます。

最初の3日はイマイチだけど4日目から動き始めますよ。
「おお〜」ってなります。

特に心身共に頑固で硬い男連中にやってほしいです。